痛いという口コミを検証!これって健康被害じゃないの?

ヒートスリム42°Cはいま大人気のダイエットパッチです。

でも一部のユーザーから、
痛い
という声があがっているようです。
まさかそれって健康被害では?

そこで今回は、
「ヒートスリム42°Cで痛いとは一体どういうことか?」
を検証してみます!

ヒートスリム42°Cで痛いという口コミは2パターンある

ヒートスリム42°Cに関する口コミ

まずはネット上の情報サービスで口コミを集めてみました。
方法は次のとおりです。

まず、ヒートスリム42°Cを使って「痛い」という口コミは、少数ですが確かにありました
ビックリですね。

次に口コミの内容をよく見てみると、
どうやら2つのパターンに分けられるようです。

  • 使い終わってはがす時に痛い
  • 貼ってる最中にピリピリして痛い

それぞれ詳しく検証してみます。

痛いパターン1:使い終わってはがす時に痛い

皮膚の厚みには個人差がありますので、
もともと皮膚の薄い人の場合は、
気をつけてゆっくりはがさないと痛みを感じることがあるようです。

ヒートスリム42°Cはかなり大きなシートなので、
めんどくさいからと一気にはがすのは肌に負担をかけることになります。

ただ、ヒートスリム42°Cは接着剤を使用していないので、
絆創膏(ばんそうこう)よりも粘着力はありません。

だいたい湿布と同じ位の粘着力ですので、
ほとんどの人ははがす時に痛いとは感じないと思います。

ちなみにこの場合の解決策としては、
はがす際にシャワーを浴びながらやると簡単で痛くありません

よって、
はがす時に痛いという口コミは、
ヒートスリム42°C特有の健康被害とは言えないでしょう。

痛いパターン2:貼ってる最中にピリピリして痛い

こちらの場合も皮膚が弱い人や敏感肌の人・乾燥肌の人は、
まれにピリピリと強い刺激を感じるようです。

だた、
ヒートスリム42°Cは「皮膚を刺激しないテスト」に合格した製品なので、
ほとんどの人は大丈夫だと思います。

しかも、こちらも解決策があるのでご紹介しましょう。

貼ってから8時間たつ前にピリピリして我慢できない場合は、
一度はがしてボディクリームやアロエジェルを塗ります。
それから再度貼りつけるとピリピリ感を緩和することができます。

ご自分がピリピリ感を強く感じるタイプだと分かれば、
次は最初にクリームやジェルを塗ってからヒートスリム42°Cを貼るようにしましょう。

ふつうの温湿布でも刺激を強く感じる人はいますので、
貼ってる最中にピリピリして痛いという口コミは、
ヒートスリム42°C特有の健康被害とは言えないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?
痛いという口コミを2パターンに分けて検証してみました。

しかし、どちらの場合もヒートスリム42°Cに特有の健康被害とは言えず、
また工夫すればちゃんと使える解決策があったので良かったと思います。

いま話題のヒートスリム42°Cが気になっている人は、ひとまず安心してお試しください。

他にもヒートスリム42℃の気になる情報を、こちらの記事にまとめているのでご覧くださいね!