ヒートスリム42℃でかぶれる心配があるかを検証!

ヒートスリム42°Cは貼った部分がスリムになる温熱パッチなのですが、肌に直接貼るタイプのため、

かぶれたりしないか心配」

という人もいるんじゃないでしょうか?

と言うわけで今回は、ヒートスリム42°Cでかぶれる心配があるかを検証してみます。
ちょっと興味ありますよね?

医療用パッチでもかぶれる可能性はある

ヒートスリム42°Cは医療用パッチと同じ素材を使っているので、ダイエットパッチとしてはかなり安全な製品です。

しかしいくら医療用パッチでも、医療現場では実際に皮膚かぶれが起こることはあります。

かぶれの原因5つとヒートスリム42°Cでの対策方法

ではどうして皮膚かぶれが起こるのか?
その原因を検証して、ヒートスリム42°Cの場合の対策を紹介しましょう。

原因1.アレルギー反応

何にでもアレルギー反応でかぶれる可能性はありますし、それをゼロにすることはできません。

ヒートスリム42°Cの場合は、主要な成分である「カプサイシン」がこれに当たります。

あまりいないとは思いますが、トウガラシにアレルギーがある人の場合は、使用するのをやめた方が良いです。

原因2.皮膚に無理な力をかける

ばんそうこうや湿布薬の場合、フィットさせようと思って力いっぱい伸ばして貼ってしまうと、皮膚に無理な力がかかって赤くかぶれることがあります。

これはヒートスリム42°Cでも可能性はあります。
なので、貼る時には必要以上に伸ばして貼らないようにした方が良いです。

原因3.乱暴にはがす

例えば腕に貼ったガムテープを一気にはがしたら痛いですよね?
湿布薬などの粘着シートを乱暴にはがした場合は、皮膚の一部もはがれてかぶれたりすることがあります。

なのでヒートスリム42°Cをはがす時も、ゆっくり優しくはがすようにすると良いです。

さらに優しくはがす方法として、お風呂に入りながらとかシャワーをかけながらはがすと、肌への負担が少なくなるので痛くありません。

原因4.同じところに何度も貼る

何度も貼ったりはがしたりすると、皮膚に負担がかかるので、かぶれたりすることがあります。

でもヒートスリム42°Cの場合は、ふつうは8時間貼りっぱなしにすると思うので、これについては大丈夫でしょう。

心配な人は公式サイトで推奨されているように、一日おきに貼るようにすれば安心です。

もしくは、毎回貼る場所を変えれば良いので、お腹と二の腕で毎日交互に貼るのもありだと思います。
二の腕は脂肪を落としずらいので、ヒートスリム42°Cはとくに効果的です。

原因5.化学的な刺激

湿布薬などの場合、パッチの接着シートに皮膚がふれて、化学的な反応でかぶれる可能性も考えられます。

しかしヒートスリム42°Cの場合は、溶剤を使っていませんし、皮膚無刺激判定の認証も受けてるので問題ないと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、貼るタイプの製品で考えられる「かぶれの原因」を5つ検証してみました。

ヒートスリム42°Cの場合であれば、ていねいに扱って正しい使い方を守ればどれも大丈夫だと分かったと思います。
これで安心して効果を試すことができますね。

公式サイトには正しい使い方や貼り方なども書いてあるので、参考にしてみてください!

他にもヒートスリム42℃の気になる情報を、こちらの記事にまとめているのでご覧くださいね!